一般企業から注目される宅建の資格は通信講座で取得しよう

高卒でも保育業務に就ける

大学生

方法は二種類

保育園や児童福祉施設で保育業務を行う保育士は国家資格であり、保育士国家資格を取得するための方法は二つあります。一つは大学・短大・専門学校の保育系の学校に進学して卒業することです。これらの学校では厚生労働省が指定した保育士の科目と校外実習などをすべて行うことで、保育士国家資格を取得することができるのです。もう一つは保育士国家資格試験を受験して合格することです。この国家試験は保育教育課程の学校を卒業していない方が受験するもので、この資格を受験するための資格条件というものがいくつかあるのですが、この資格条件を一つでも満たしていないと受験することはできません。一度の試験においての合格率も15%前後ととても低いのでかなりの難関であると言えます。

通信教育で合格する道

こうした点を踏まえると保育課程のある大学などの教育機関に進学する方が保育士資格を取得しやすいと言えますが、仕事や家事などをされている方は時間が取れずに学校に通えないという事情もあります。そうした方が保育士になるためには保育士国家試験を受験するための条件をクリアした上で独学か通信教育で学習するしかありません。低い合格率から見ても独学ではかなり厳しいので通信教育を行うことが望ましいと言えます。現在では保育士国家試験のための通信教育会社がたくさんありますし、合格のためのカリキュラム教材も充実していますからご自分に合った通信学習を選んで受講すると良いです。それに通信教育は通学に比べても学費が安くなるというメリットもあります。経済的事情から上級学校への進学を断念し保育士の夢を諦めた高卒の方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。