一般企業から注目される宅建の資格は通信講座で取得しよう

子どもに関わる仕事

男性

他の資格や専門性も得よう

保育士は今も昔も子どもが好きな人から人気のある職種の一つで、保育士を目指して大学へ行く人も多いです。従来は短期大学で保育士が養成されることが多かったですが、最近では四年制大学が多くなり、また、保育士以外の資格も併せて取得できることも多くなりました。保育士と併せて取得する資格の代表格は幼稚園教諭免許です。それ以外にも、介護福祉士や社会福祉士などの福祉系資格をはじめとする資格が取得できる大学もあります。更に、大学の学科の中に専門的なコースが分かれていることもあり、例えば心理学に重点を置いたカリキュラムを組んでいるコースや、アートに重点を置いたカリキュラムを組んでいるコースもあります。自分の興味を保育士としての専門性に活かすためにも、このようなコースを選択するのも一つの手段でしょう。

忙しくも充実の日々です

保育士を養成する大学では取得すべき単位数が多いため、他の文系学部・学科に比べると忙しいですが、実技や演習なども多く楽しみながら学ぶ科目も多いです。また、他の学生と一緒に取り組む活動も多く、充実した日々を送ることにつながりやすいとも考えられます。実習は保育士については保育所および児童福祉施設にて実習を行います。また、他の教員免許や資格などを併せて取得する場合は、それらの免許・資格に関わる実習も必要になり、特に3回生から4回生にかけては実習が非常に多いです。実習は現場で子どもたちに関わりながら学ぶ絶好の機会でもあります。進路は保育所や児童福祉施設、幼稚園教諭免許を併せて取得した場合は幼稚園などが圧倒的に多いです。中には大学院へ進学して保育士の専門性を更に探究する人もいます。