一般企業から注目される宅建の資格は通信講座で取得しよう

男の人

医療分野の新たな資格

数多くの資格がある医療現場では、働く時にも資格が必要不可欠となります。その中でも、言語聴覚士は、聴覚障害や失語症といった障害のある患者のアドバイスやリハビリをサポートする仕事となります。言語聴覚士を目指すのなら、専門学校や大学などで専門的なことを勉強し、国家資格に合格することが必要です。

就職に有利な人気資格

住宅模型

不動産業界に限らず活躍

宅建は毎年約20万人もの受験者数を誇る、非常に人気の高い国家資格です。宅建は正式名称を宅地建物取引士といい、不動産取引のプロフェッショナルとして独占的な業務に携わります。土地や建物の売買や貸借を仲介する際、物件の様態や権利関係等の重要事項を説明し、それに係る書面を交付する業務は宅建の資格を持つ者が行わなければ正式な取引とは見なされないとされています。不動産業界では必須の資格であるこの宅建ですが、その専門知識は一般企業でも歓迎されています。店舗・オフィス・倉庫などを取得または賃借する機会において、宅建の持つ知識は非常に役に立ちます。そのため、資格取得者に対して特別手当を支給している企業も少なくありません。

受験準備の方法は多種多様

宅建の国家試験は年に1回、10月に行われます。受験資格に制限はなく、学生・主婦・高齢者など毎年さまざまな人が試験に臨んでいます。学習の機会も数多くあり、参考書籍も多数発行されています。受験対策講座もあちらこちらで開講されています。こうした学習機会のうち、働きながら、あるいは学校に通いながら受験勉強ができるとして人気が高いのが、通信講座です。各種学校の通信教育部から通信講座専門スクールまで、たくさんの講座が開講されています。中には受験者全体の合格率より3〜4倍も高い合格率を誇る通信講座もあります。通信講座はおおむね3〜6か月の学習期間を想定してカリキュラムが組まれています。講座によっては通学講座と同レベルの講義をDVDで受講できるものもあります。

男性

子どもに関わる仕事

保育士を養成する四年制大学が多くなり、幼稚園教諭免許や福祉系資格などを併せて取得できたり、専門的なコースを設けているところもあります。保育士を養成する大学では取得する単位数が多く、また実習もあるため忙しくなりますが充実した日々を送ることにつながりやすいと考えられます。

大学生

高卒でも保育業務に就ける

保育士となるためには大学などの保育系の学校に進学して教育課程の単位を取得して卒業すれば自動的に資格を取得することができます。そしてもう一つの方法は保育士国家試験を受験して合格することです。合格するためには教材などカリキュラムが充実した通信講座を受講すると良いでしょう。